頭全体が薄くなる脱毛症

頭全体が薄くなる脱毛症

前項でも説明しました通り、女性の場合には頭全体の毛が少なくなることもあります。ほとんどの場合は、生活習慣やストレスによるものや、女性特有の生理などにより引き起こされることもあります。

 

一方、男性は前頭部や頭頂部などが禿げてきて、その後にその範囲がどんどん広がってくるという場合が多いようです。

 

すべては日常生活、食生活、ストレス、喫煙やアルコールの摂取を見直すことで、少しずつ改善されると思うのですが、どうにもならない脱毛もあるのです。

 

例えば、抗がん剤を利用している人や、肝臓の治療法のインターフェロンなどを服用しますと、副作用として薄毛になってしまうのです。

 

がん細胞を殺すだけの役割をはたしてくれれば良いのですが、正常な細胞、もちろん毛母細胞なども細胞分裂を抑えるように働いてしまうのです。しかし、一般的には、薬の投与が終われば髪の毛は復活します。

 

また、分娩後の脱毛もあります。少々の薄毛になるのですが、一見してすぐに酷い薄毛だと理解されるまでには至りません。理由はもちろん、子供のために、栄養素を与えているとともに、女性ホルモンの成長期を抑え、休止期になってしまうのです。

 

しかし、多くの場合には、半年もすれば、回復します。人によって異なりますが、高齢出産をしたような場合には、治らないようなこともあります。

 

そんな際には、やはり医師の診断を早めに受けることが必要です。原因がはっきりしているので、対処方法がしっかり把握できるはずです。

 

頭全体が薄くなる脱毛症関連ページ

AGAの症状
AGAの症状について掲載します。
円形脱毛症の症状
円形脱毛症の症状について説明します。
びまん性脱毛症の症状
びまん性脱毛症の症状について説明します。
内科系疾患の症状
内科系疾患の症状について説明します。