内科系疾患

内科系疾患

頭皮や毛母細胞に悪影響があれば、すぐに抜け毛になることもありますが、身体の一部分の疾患によって、髪の毛の発毛を妨げてしまうこともあります。

 

内臓の疾患で発症する脱毛は、女性特有の子宮や卵巣などで発生する場合も多いのです。

 

女性の場合には、体型を気にするがばかりに、ダイエットをする人も多くいると思いますが、ダイエットにより、必要な栄養素が毛母細胞に送られないことで、薄毛になってしまう人も多く存在すると思います。

 

また、内臓の疾患でいえば、糖尿病やホルモンの異常をきたすもの、肝臓の疾患や、貧血、腎不全、などが薄毛の原因になるのです。

 

内臓にトラブルがありますと、全身が衰弱してしまいますので、内臓の機能を保持するために、栄養素が内臓に行き届くことになります。逆に言いますと、髪の毛には栄養素が回らなくなってしまうのです。

 

このような内臓疾患があるような薄毛の場合には、内臓の疾患をしっかり治療しなければ、髪の毛への悪影響も改善されません。

 

男性の場合には、不規則な生活や喫煙、アルコールなどの原因が多いのですが、女性の場合にはダイエットや、ストレス、冷え性などがホルモンバランスを崩してしまうのです。

 

酷い生理痛や生理不順など女性ホルモンのバランスが悪くなっているような場合には、髪の毛にも何らかの悪影響があることは間違いないと思います。

 

婦人科系の内臓疾患の場合には、髪の毛だけでなく、不妊の原因になったりしますので、自覚症状がある場合にはすぐに医師の診断を受けてください。思いもよらない病気になっている場合もあると思います。

 

内科系疾患の症状関連ページ

AGAの症状
AGAの症状について掲載します。
円形脱毛症の症状
円形脱毛症の症状について説明します。
びまん性脱毛症の症状
びまん性脱毛症の症状について説明します。
頭全体が薄くなる脱毛症
頭全体が薄くなる脱毛症について説明します。