男性ホルモン

男性ホルモン

抜け毛の原因には男性ホルモンが強く作用すると言われています。男性ホルモンは髭や体毛を濃くする役割があるのですが、頭髪は薄毛にする作用があると言われています。

 

逆に女性ホルモンは髪を美しい状態に保つことができるのです。誰しも男性・女性ホルモンを持っているのですが、ホルモンのバランスが崩れますと、薄毛の原因にもなってしまうのです。

 

男性ホルモンがなぜ、髪の毛に悪影響を及ぼすのかを以下に簡単に説明します。

 

男性ホルモンの成分であるテストステロンは、毛母細胞を活発化させる効果を持ちますが、この物質が活性化されることにより、髪の元になるタンパク質を阻害するとともに、皮脂の分泌を過剰にして毛穴をつまらせるような状態になってしまうのです。

 

特に前頭部と頭頂部に顕著に抜け毛として現れることが多いようです。一方で女性ホルモンの成分であるエストロゲンは、髪の毛を長く伸ばすことができます。

 

したがって、この物質が不足してしまいますと、発毛に影響を与えてしまうのです。ですから、単純に考えますと、女性ホルモンを体内に注入すれば良いと考えがちですが、自然なホルモンバランスを崩すことにより、身体に大きな悪影響を及ぼすことになります。

 

男性でも更年期障害などが表れることもあるのです。ですから、大切なことは男性ホルモンを抑制することですが、食生活で効果があるのが、大豆イソフラボンと言われています。良質なタンパク質を摂取することが良いのです。

 

男性ホルモンは薄毛の原因関連ページ

不規則な生活
薄毛の原因の一つ「不規則な生活」について説明します。
ストレス
薄毛の原因の一つ「ストレス」について説明します。
偏った食生活
薄毛の原因の一つ「偏った食生活」について説明します。
遺伝
薄毛の原因の一つ「遺伝」について説明します。
喫煙や飲酒
薄毛の原因の一つ「喫煙や飲酒」について説明します。