喫煙や飲酒

喫煙や飲酒

禿げの原因として、喫煙や過度のアルコール摂取も挙げられます。これは、確かな事実のようですので、両者にあてはまるような場合には、気を付ける必要があります。

 

しかし、必ずしも喫煙者やお酒好きな方が、薄毛になるのかといいますと、そうではありません。やはり、個々人の体質によるのです。

 

現にヘビースモーカーで、たくさんお酒を飲む方でも髪の毛がフサフサな人もいます。ですから、すぐに禁煙やアルコールを絶つようなことをしなくとも良いと思います。強引にやめようとすれば、ストレスを溜めるようになってしまいます。

 

ただ、薄毛にならない体質の人のみで、普通の人ならば、喫煙をすることにより、ニコチンやタールの影響で、血管を収縮させ、毛母細胞に血液がうまく行きわたらすに、薄毛になってしまうこともあるのです。

 

百害あって一利なしのタバコですので、できれば禁煙することを考えた方が良いと思います。タバコも値上がりしており、経済的にもよろしくないことです。

 

そしてアルコールは、過度の飲酒により肝臓へ負担をかけてしまいます。発毛を促進する物質は肝臓で作られると言われていますので、発毛を促進する物質ができなくなってしまうのです。

 

ですから、飲酒も適度にする方が良いと思います。喫煙はともかく、アルコールは会社の同僚や上司との飲み会などがありますので、お付き合いという意味でも避けて通れないと思うのですが、決して深酒はしないようにしましょう。飲む前にはウコンなどを飲んでおくことも良いかもしれないですね。

喫煙や飲酒は薄毛の原因関連ページ

不規則な生活
薄毛の原因の一つ「不規則な生活」について説明します。
ストレス
薄毛の原因の一つ「ストレス」について説明します。
偏った食生活
薄毛の原因の一つ「偏った食生活」について説明します。
遺伝
薄毛の原因の一つ「遺伝」について説明します。
男性ホルモン
薄毛の原因の一つ「男性ホルモン」について説明します。