遺伝

遺伝

薄毛は遺伝に影響されると良く言われますが、一部の人は遺伝の影響を受けますが、必ずしも遺伝の要素で薄毛になることはありません。

 

 

親が禿げているから仕方ないとか、母方の祖父が禿げているから仕方ないと思うのではなく、生活習慣や食生活をしっかりすることで、薄毛は抑えられるのです。

 

しかし、男性型脱毛症のAGAでは、遺伝的な要素が強いと言われています。特に母方の遺伝子の影響を受ける場合が多いです。しかし、薄毛が遺伝するというのは、一緒に生活をして、生活習慣が同じだから発症するとも考えられます。

 

親とは食生活が同様な場合もあるでしょうし、髪の毛をすぐに乾かさないというような習慣があったとすれば、薄毛の原因になるということも十分に考えられるのです。

 

したがって、特に親族に薄毛の方がいるような場合には、生活習慣や食生活を改める必要があるのです。薄毛になってからでは遅いので、未然に防ぐための努力をするようにしましょう。

 

遺伝だからと諦めるのではなく、しっかりご自身でどうしたら薄毛にならないようにできるのか?を考えましょう。そして、前項でも話しました通り、ストレスを溜めることも良くないので、ストレスの解消法を自分なりに見つけるようにしましょう。

 

薄毛になり、悩みを抱えてしまいますと、より異常にストレスを抱えてしまうことになり、悪循環になってしまいます。

 

遺伝は薄毛の原因関連ページ

不規則な生活
薄毛の原因の一つ「不規則な生活」について説明します。
ストレス
薄毛の原因の一つ「ストレス」について説明します。
偏った食生活
薄毛の原因の一つ「偏った食生活」について説明します。
喫煙や飲酒
薄毛の原因の一つ「喫煙や飲酒」について説明します。
男性ホルモン
薄毛の原因の一つ「男性ホルモン」について説明します。