偏った食生活

食生活

人間が生きていくためには、しっかりと栄養を摂取する必要があります。髪の毛も当然で十分な栄養素がない場合には、育毛することができずに、抜け毛が目立つようになってしまいます。

 

薄毛の原因の多くが食生活とも言われています。食事に偏りがありますと、摂取できる栄養素のバランスがよくないために、薄毛になることも多いのです。

 

必要な成分としては、カルシウムやミネラル、ビタミン、亜鉛、タンパク質などです。髪の毛は栄養素を十分に含んでいる場合が多く、例えば大麻などの不法なものを利用していた人や、水銀や鉛などをよく摂取している人は、髪の毛を調べることにより分かるくらい摂取する成分に左右されるのです。

 

また、言い換えますと、髪の毛が体内の有害物質などを対外へ排出してくれる機能があるという意味でもあるので、日々の食生活には十分配慮する必要があるのです。

 

不摂生な食事は厳禁です。最近では日本人の食生活が欧米化しているので、仕方ないのかも知れませんが、特に高脂質の食事はよろしくないです。

 

揚げ物や肉類などを多く摂取しますと、頭皮の皮脂腺からの脂の分泌が多くなり、毛髪の成長を妨げることになったり、抜け毛を助長するようなことになるのです。

 

しかし、タンパク質を多く摂取することはとても効果的です。高タンパクな食事は脂質も多いので、注意が必要ですが、納豆や大豆などの良質なたんぱく質を摂取することはおススメです。常日頃あまり意識していない食生活が、髪の毛に大きな影響を与えることをしっかり把握するようにしましょう。

 

偏った食生活は薄毛の原因関連ページ

不規則な生活
薄毛の原因の一つ「不規則な生活」について説明します。
ストレス
薄毛の原因の一つ「ストレス」について説明します。
遺伝
薄毛の原因の一つ「遺伝」について説明します。
喫煙や飲酒
薄毛の原因の一つ「喫煙や飲酒」について説明します。
男性ホルモン
薄毛の原因の一つ「男性ホルモン」について説明します。